村松 真理子

(むらまつ まりこ)

トゥルーサーズの通信隊長

軽やかに自分を生きるための調整役

  • 1979年生まれ。浜松市とネパール行ったり来たり。祖父の代から海外、とくに南アジアに縁があり、その関係かどうかその出身地の夫を15年前にゲット。現在、ふるに先祖からの資質と自分のハートを生きつつあります。訪れた国は、16か国くらい。英語は中学生から地元のトップの進学校で磨き、そして留学。英語については定評のある大学を卒業し、男性が多くて不安に感じ某財閥大手の内定をけって、オーガニックの会社に勤務。重大クレームを扱う班を設立、活躍した後、実家の家業(激務)に従事。その後、出産、死産のついでに自分も死にかけ、そこから自身の探求に本気で乗り出す。現在は、夫の国でビジネスを立ち上げ、成功させようと日々奮闘中。

  • あらゆる制限をこえて、自分のハートを生きるために、真摯に生きています。あちこちぶつかったり、寄り道しているように見えますが、ハートを生きようとしているので、私は真剣。ぶれているようで、ぶれてません。人が、その人のハートを生きようとしているのを応援したくなります。その人が心地よく自分のステップをふんで、楽しく踊れるように。人が気づきをえる瞬間、自分を楽しんでいる瞬間をみると、無条件にうれしいです。もちろん、私も自分の気づきにふれる瞬間は、最高の楽しみ。

  • とにかく生きにくさを感じてきた三十〇年間、今も含めたこれからはもっと自由に、もっと軽やかに、もっと喜びにあふれ、もっと豊かさと愛に生きる、と決めています。トゥルーサーズは緩やかな連帯。それ以外はどこにも属しません。私は自分自身の内側に属します。

  • 好き:ネパール(いろいろ大変なことは多々ありますが、それでも好きなのです。)お料理、音楽、マリア、天使、宇宙、真実の探求、バイクの後ろにのること(自分でも運転したい)、わいわい遊ぶこと、垣根なしに話すこと、パーティーのメニューづくり、ショッピング、マーシャルアーツ、旅行、旅行の準備、ツアーの企画、交渉、自分の空間づくり、子供たちと遊ぶ、ワインと料理をあわせてよかった時(選別はワインショップに頼んでます。)、ネパールのお祭りのときのご飯づくり、きれいな色、最高の素材探し、新鮮な野菜、愛すること、愛されること、宇宙に向けて心をひらくこと、一人でいること。

  • 好きな場所:エアーズロック、アウトバック365度の地平線、ミルキーウェイを見る場所、山の川、バリ、台湾、香港、内モンゴル自治区、パナハッチェル(ガテマラ),中国の東北部(水餃子がすき)、上海(八宝飯、焼き小籠包大好き)、カトマンズ、ルンビニ、ネパールの田舎、ラオスの田舎等

  • 日本で好きな場所:山の温泉、伊豆(魚介類おいしい)、でもなんでかしらないけど、日本で好きなところを見つけようとすると、苦しくなることもあり。。。残念ながら。

  • 得意なこと:文書づくり、リーディング、ヒーリング、場の調整やクリアリング、お料理、旅行の日程づくり、交渉、場所づくり、マニュアルづくり、道を切り開く、JOYに向かう

  • 苦手なこと:お掃除や洗濯(ちゃんとできますが)、マニュアルにそうこと、日本のコミュニティー、組織、常識や慣習、カタにはまって生きること、自由でない環境、建前、隠された会話や態度等

  • これからの私:ネパールに完全移住(日本には年に1回あと必要に応じて打ち合わせ程度に数回くらいに)、ビジネスに成功、ゆったりと家族や親せきたちとすごす。村などの開発。15年間、その前もそうでしたが、女性らしさをもってなかったり、気恥ずかしさをもっていたので、これからは、もっと女性らしく、美しく魅力的でインスパイヤリングな人でいます。あ~楽しみだし、楽しい!  

© Truthers All Rights Reserved 2017

  • w-facebook